blog

代表コラム・ブログ

HOME > 代表コラム・ブログ > 当事務所は、シェアオフィスを使用しています。

代表コラム・ブログ

当事務所は、シェアオフィスを使用しています。

さて、ブログ第2回目はシェアオフィスについてです。


シェアオフィス、バーチャルオフィスと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

・スタートアップで少人数の会社が入居する
・お金が無い人向けでしょ?
・実態が無さそう

等のイメージがあると思います。

 

結論から言うと、当事務所(法人)はバーチャルオフィスで設立しました。
法人登記は2020年12月。
ちょうどコロナ禍真っ最中で、「ソーシャル・ディスタンス」が最も叫ばれている時期でした。

 

その様な時に、人を集める事が主体のリアルのオフィス、事務所を設立するのは、
医療を司る者として憚れるものと判断した訳です。

 

ただ、当初は感染対策を大きく意識していたのですが、結果的に非常に有用な点がいくつもある事に気付きました。

まず、家賃が安い。
普通、都内で事務所やオフィスを構えるとしたら、最低でも月に数十万円はするでしょう。
それがなんと数万円で済むんですね。更に電話番号等も設置可能です。

 

抵抗がある人がいるとしたら、信用面についてでしょう。
リアルのオフィスを構えてない(or 構えられない)のは、

「売上が少なく、潰れるリスクが高い」
「突然いなくなってしまうかも」
と感じる方がいると思います。

 

しかし、良く考えてみると、これらは思い込みに過ぎない事が分かります。

 

自営業の方ならご存知かと思いますが、売上げの少ない小規模ビジネスだから潰れやすいという事はありません。
事業というのはキャッシュフローさえ回っていれば存続します。
むしろ、シェアオフィスで固定費を抑える事で廃業リスクを低くする事ができます。

 

与信審査、実績、メインバンクなど、総合的に評価する事が大切だと思います。
よく、「シェアオフィスの会社はメインバンクが限定され、メガバンクは相手にしない」という話を聞く事があります。

 

結論から言うと、これは少々ズレた意見で、実は銀行は会社設立者(経営者)の信用力を判断基準にしています。
当法人は三井住友銀行がメインバンクですが、私の場合、書類提出後、銀行に出向いた時点で審査に通っていました。
(一生懸命、面談の準備をしたのは何だったんだろう…ゥゥゥ)

 

また、突然いなくなる、高飛びするリスクですが、これは業種にも寄るでしょう。

商品納入などが必要な業種ではいわゆる「取り込み詐欺」について警戒が必要ですが、
士業や産業医など専門知識を提供する職種については問題無いと感じます。

 

当事務所の場合、代表である私が大学病院やクリニックで診療し、
ひいてはメディア出演など多方面での活動も相まって、信用を紐付けしています。
各々の詳細については、また機会を改めて書こうと思います。

 

コロナ禍をきっかけに、リモートワークだけでなく、オフィス含めた働く環境が変わっていくでしょう。

 

→To be continued(続く)...

タグ:

  • 感染対策
  • 事務所について
  • シェアオフィス